福岡市出身パパが北九州で子育てをする日々

北九州市八幡東区で子育て中。子どもをどこに連れて行ったらいいんだ?

知育としてもよさそう。カプラを買った

積み木で遊ぶ子供のイラスト(女の子)

kozaruです、こんにちは。

レゴブロックが好きな娘たち。このたびカプラを買いましたので、様子と共に。

レベルが高いですが、何歳になっても遊べそうでいいですよ!

 

カプラとは

www.kapla.co.jp

カプラは、フランスで誕生した木製おもちゃです。

長さ12センチ弱、幅3センチ弱の軽い積み木のようなブロック1種類だけでいろいろなものが作れてしまう、というものです。

公式サイトの見に行くと作品が写真で見ることができますが、かなりすごいものが。

崩すと大変なので、作品の近くでは安心して遊ばせられなさそう。

ぜひ公式サイトをのぞいてみてください。

 

カプラは知育教材としても活用されているとのこと。

作るものを想像し、丁寧に積み上げるために器用さが求められる。また、組み上げたものを崩すことによるリセットの効果。1種類のブロックを組み上げるので、小さな子どもから大人まで懐広く遊べるんだと思います。

 

カプラが我が家にやってきた

f:id:kozaru02:20200207004055j:plain

 

ということで、カプラです。

はじめての方におすすめの200ピース、木の箱に入った250ピースなど数種類から選べます。

今回、いっきに1,000ピースに手を出しました。

 

f:id:kozaru02:20200207004322j:plain

ふたを開けると、1,000ピースのカプラと紹介冊子が入っていました。

 

f:id:kozaru02:20200207004414j:plain

これだけ大量にあると、なんでも作れそうです!

 

「(箱のお城を指さして)これ、作って!」と、さっそくハードルの高いことをぶっこんできます。

 

f:id:kozaru02:20200207005422j:plain

お茶を濁してしまいました。

 

f:id:kozaru02:20200207005453j:plain

上手に積み上げているので「すごいね!(うちの子、天才かも!!)」と言ったところ、

「だって、保育園でしよるもん」

と衝撃の返しが。

あ、そうですか・・・。

 

KAPLA 魔法の板 カプラ 1000 【並行輸入品】

KAPLA 魔法の板 カプラ 1000 【並行輸入品】

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

まとめ

ということで、カプラでした。

父親の威厳を示せるように作品作りに取り組みたいと思います。

5歳と2歳、いっしょに遊ぶことができるカプラ、長く使えるいいおもちゃだと思いますよ!

ではまた。